子宮頸がんワクチン要請報告と維新の会橋下代表の発言に抗議する街頭アピール

2013年5月18日 10時01分 | カテゴリー: 活動報告

5月17日、東京・生活者ネットワークは、厚生労働大臣にあて、安全性、有効性に課題がある、子宮頸がんワクチン接種の中断・中止を求める要望書を提出しました。

また同日午後4時から、新宿駅西口において、生活者ネットワークの都議会議員、市議会議員、区議会議員、都議選候補予定者らが、この要請行動の報告と子宮頸がんワクチン接種の問題点を訴えるとともに、日本維新の会共同代表・橋下徹大阪市長の、歴史認識・人権意識の欠如した発言に対しての抗議を訴えました。