毎年恒例!しゃぼん玉メッセージ取得活動を実施!

2015年6月15日 13時24分 | カテゴリー: トピックス, 地域協議会, 環境

68日、生活クラブ運動グループのメンバーと市長、所管の職員にヒヤリングを行いました。生活の中で毎日使っている洗剤。これには原料が異なる2種類で、石油、自然油脂があります。自然油脂が原料のものを「石けん」と呼び、3千年も前から使われ何の問題もなかったものです。(日本には今から472年前ポルトガル人が持って来たのが最初)   石油が原料の「合成洗剤」が戦後(1945年)アメリカから輸入され、コマーシャルの応援で日本中に広がり、主流になってしまいました。しかし、合成洗剤の内容物には、自然を傷つけるものが添加され問題があります。

市の公共施設では、その問題を考慮し、「グリーン購入ガイド」に沿って石けんの購入を進めています。昨年度、私たちは市内の児童館、保育園、小中学校を含む公共施設の石けん使用調査を実施しました。理解している施設、意識のない施設があることが分かりました。市長は、今後、市役所内での学習、公共施設での定期的調査を約束し、石けん使用をさらに進めたいとのお話しでした。

環境部会 鈴木桂子