大栗川源流域を歩く②

2014年4月21日 11時55分 | カテゴリー: 環境

 

絹の道

3つ目の「厳耕地谷戸」の流れは、入り口にビオトープができて立ち入り禁止、畑のある私有地が多くて近づけません。源流端の一つで「カエルの祠」が置かれていた場所は、重機とダンプカーが置かれた工事現場と化していました。以上の3つの流れは、御殿橋付近で合流します。

「絹の道資料館」のぬれ縁で、春色の丘陵を眺めながらお昼休憩。

 

午後は、遠く古人たちに想いを馳せながら「絹の道」を歩きます。かつては茶店ができるほど賑わった大塚山公園「道了堂」跡へ。

道のすぐ際に、所有者の大手企業看板を見つけて不安な気持ちになりました。脇道のなだらかな斜面地広場で一休み。美しくて、気持ちが良くて、心まできれいになりそう。