包装ラップの添加物にもご用心!?

2013年2月6日 11時12分 | カテゴリー: トピックス, 環境

 2月4日生活クラブ南多摩統合センターで開催された「無添加追求フィルム学習会」に参加しました。写真のOに~が二重線で描かれているマーク見たことがありますか。マークの0は無添加を意味し波線はフィルムのイメージをデザイン化したもので≒の記号を意味するそうです。今、市場に出ている多くのフィルムは多くの添加物が使用されその包装の印字や接着剤など含めると多種多様でその内訳は企業秘密として公開されていないのが現状です。

1990年代に環境ホルモン物質が問題になりました。環境省では体内に入るとごく微量でも影響を及ぼす「内分泌撹乱作用を有すると疑われる化学質」としてダイオキシンやプラスティック可塑剤、農薬、重金属などをリスト化しています。プラスティックの可塑剤、酸化防止剤などが含まれている包装ラップを使用した製品は中身が特に油や水分が在ると食品へ溶出しやすくなるという現実を直視し、生活クラブが「宇部フィルム」と連携して開発したのが現在点滴用の袋や医療用に使用されている「無添加ポリエチレンフィルム」です。生活クラブでは消費材として1997年から提供する事ができた優れものです。無添加フィルムは今の所ここだけ!

「無添加追求フィルムの価値」という小冊子を興味のある方に差し上げます。ご連絡ください。

無添加フィルムについてのお問合せは

生活クラブ・スピリッツ(株)℡03-5285-1892 Fax03-528-1845                 http://www.s-spirits.co.jp

(多摩・生活者ネットワーク 原田恭子)