エネルギーシフトは東京から

2017年3月1日 16時39分 | カテゴリー: 活動報告, 環境, 脱原発

26日(日)世田谷ネット主催のシンポジウムに参加しました。司会は世田谷ネット政策委員の岡本京子さん。吉原毅さん(城南信用金庫元理事長)、保坂展人(世田谷区長)のお話し。コーディネーターは都議会議員の西崎さん。福島原発事故からもう6年も経ってしまいました。これからの東京のエネルギー政策について、そして地域でのエネルギー政策への示唆がもらえるかと参加しました。IMG_1075

城南信用金庫はいち早くエネルギー政策を企業として取り入れ有名です。吉原毅さんのお話しは以前から伺いたいと思っていたところで、 時折入る数字は頭がうまく働ない部分もありましたが、風力、太陽光、蓄電池、さらには揚水発電の話しに聞き入りました。中でも「日本と再生」(河合弘之監督)という映画を是非!との事でした。多摩市でも上映会を考えたいですね!

一方、世田谷区長の保坂さんも、世田谷が動けば東京都が変わる!と様々なエネルギー政策を打ち出しています。自治体間連携、世田谷ヤネルギー(屋根とエネルギーの造語)、大学連携、等々力渓谷の水質改善等・・・。「ドイツも国が主導ではなく自治体から変化した。エネルギーは巧みに使うべき!!」まさにその通り!

司会は西崎さんからローテーションする岡本京子さん。

司会は西崎さんからローテーションする岡本京子さん。

さてさて、城南信用金庫が多摩市には無いのが残念です。一番近いのは稲城市矢野口。パンフレットをみたら「懸賞金付き定期預金」という文字が!いざ行くしかない?!

多摩ネット事務局長 武内好恵